若狭町 熊川宿

若狭町 熊川宿

旧逸見勘兵衛家

江戸時代末期、安政5年(1858)に建てられたことが分かっています。
 熊川村の初代村長逸見勘兵衛、またその子息で伊藤忠商事二代目社長となった竹之助の生家でもあります。
 平成6年にその末裔の逸見諒氏から建物と土地が町に寄贈されました。
 平成7年に町有形文化財に指定され、以降3カ年をかけて保存改修修理が行われ、平成10年から一般公開されています。
 当家は平成8年に国の重要伝統的建造物群保存地区選定され、以降、町並みの保存修理事業が始まりましたが、旧逸見勘兵衛家の保存改修は、この選定に先立ち、これをリードした事業でした。
 町並保存は住民が住み続ける町でなければなりません。
 この建物の保存改修は民家を、現在建てられている家よりももっと住みよい家にできることを実証したモデルとしての意味を持っています。

若狭町 熊川宿のカタログ

ホームページを見る

農家民宿 旧逸見勘兵衛家

農家民宿 旧逸見勘兵衛家
  • 若狭町 熊川宿
  • 若狭町 熊川宿
  • 若狭町 熊川宿

熊川宿の中ノ町に位置する逸見勘兵衛家(旧逸見勘兵衛家)。
 同家の「建物絵図面」によれば、安政5年(1858)に建てられたことが分かっています。
 熊川村の初代村長逸見勘兵衛、またその子息で伊藤忠商事二代目社長となった伊藤竹之助(旧姓:逸見竹之助)の生家でもあります。
 平成7年に町有形文化財に指定され、以降3年をかけて、保存改修修理が行われました。
 現在は、喫茶や宿泊施設として地元住民のみなさんに活用していただいています。

 宿泊料金(おもや)
 2名様   12,000円/一人 2食付きの料金です。
 3~8名様  9,000円/一人
 
     (はなれ)
 1,2名様  7,000円/一人  素泊りのみ、簡易ベッド、簡易キッチンあります。
  3名様  5,000円/一人

 チェックイン  16:00~
 チェックアウト ~10:00
 中学生は大人料金
 小学生・幼児は6割、3歳までは無料(ただし布団利用時は1,000円)

熊川宿

熊川宿
  • 若狭町 熊川宿
  • 若狭町 熊川宿
  • 若狭町 熊川宿

平成27年に熊川宿を含む鯖街道が「~御食国若狭と鯖街道~」として日本遺産に認定されました。
 熊川の宿は、若狭から京都を結ぶ重要な宿場で、特に天正17年以来発展を続けました。
 奉行所・番所・お蔵屋敷の跡が残り、情緒あふれる街道沿いには、昔ながらの用水路が流れています。
 豊臣時代から藩政末期におよぶ古文書・御用日記なども保存されています。
 熊川宿は、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、往年の繁栄を偲ぶ町並みが保存されています。

店舗情報

店舗名 若狭町 熊川宿
住所 919-1532
三方上中郡若狭町熊川30-3-1
電話番号 0770-62-0800
メールアドレス info@kambee-inn.com
ホームページ https://kambee-inn.com/
地図

このページのトップへ