大野市 観光情報

大野市 観光情報

大野市 観光情報

大野は四方を山に囲まれた地。
 その為地下水に恵まれ、酒蔵が4軒あります。
 また、越前大野城は大野市の中心部にある亀山(標高:249m)にそびえる平山城です。  麓には城下町が広がり、この城下町が雲海に包まれ亀山だけが浮かんで見える日に「天空の城 越前大野城」が現れます。
  越前大野城の「天空の城」は、雲海の下がすぐ城下町です。
 七間通りには毎朝朝市が開かれ、新鮮な野菜が近郊の農家から運ばれてきます。
 地元の人や観光客から親しまれています。

大野市 観光情報のカタログ

ホームページを見る

越前おおの冬物語

越前おおの冬物語
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報

越前おおのの冬の風物詩的イベント。雪見灯ろうの灯りが、七間しちけん通りや結ゆいステーションを中心とする歴史と情緒あふれる城下町を幻想的な雰囲気に包み、越前大野城をバックに打ち上げる冬花火は、澄み切った冬の夜空を美しく彩ります。
 更に、越前おおの結ゆいステーションのシンボルである「時鐘」もライトアップされ、見所のひとつとなっています。同時開催として、大野の名物を一堂に集めた「越前おおのふるさと味物語」や、おおのの冬の味覚であるでっち羊ようかんを集めた「でっち羊ようかんまつり」、日曜日には、冬期休止中の七間しちけん朝市が特別開催されるなど、さまざまなイベントが開催されます。

越前大野 ひな祭り

越前大野 ひな祭り
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報

第7回 春を彩る越前おおのひな祭り. 【期間】. 平成29年1月28日(土)〜3月20日(月・ 祝). 【会場】. メイン会場 『平成大野屋 平蔵』 (期間中無休). “20壇特大ひな飾り”を含む 2,000体以上のひな人形が展示されます。

七間通り朝市

七間通り朝市
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報

大野市の碁盤の目のような通り、その七間朝市通りにたつ朝市は、400年以上の歴史を誇っています。全国的にも珍しい地面に農産物や加工品を並べ生産者とお客さんが楽しい買い物を行える市です。
 毎年春分の日~12月までの朝7時~11時頃、農家のおばちゃん達が丹精込めて育てた農産物を路上にところせましと並べた青空直売市を行っています。
 七間朝市は、新鮮な野菜達もさることながら、くったくのないおばちゃん達との大野弁丸出しの会話と、食材に関する調理方法などの情報交換も、ここを訪れる楽しみの一つです。

武家屋敷 旧村田家

武家屋敷 旧村田家
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報

武家屋敷旧田村家は、越前大野城外堀(百間堀ひゃっけんぼり)西側の三の丸に所在する田村又左衛門家たむらまたざえもんけの主屋おもやを解体復元し一般公開しています。
 田村又左衛門家は、文政10年(1827)の大火「おねば火事」で類焼した後、矢村(現在の大野市矢)の農家を移築し、武家住宅に改築しています。
 また、住宅東側に広がる庭園の築山は、越前大野城外堀の土居どいを転用したものです。越前大野城の土居どいは城の外堀沿いに設けられていましたが、現在は田村家の庭園内に残るのみとなっています。
 ※土居は土塁どるいとも呼ばれる城を守るための防御施設。土を盛り上げて土手を造り、敵の侵入を防ぐためのものです。
 同家は、宝暦9年(1759)に、田村左兵衛家(六百石)の二男央俊てるとしが百石を分知され分家したことに始まります。
 安永あんえい2年(1773)には、三の丸に屋敷を拝領し、「三の丸田村(さんのまるたむら)」と呼ばれ、また、本家「大田村」と区別する意味で「小田村」とも呼ばれました。
 二代俊強としたけは天保8年(1837)に大野藩の家老を務め、同10年(1839)に二百石から三百石に加増されました。
 田村又左衛門家屋敷は、県内でも数少ない近世の武家住宅の遺構であり、大野藩上級武家屋敷の様相を留めている貴重な史跡であるため、大野市の文化財に指定しています。

九頭竜新緑まつり

九頭竜新緑まつり
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報
  • 大野市 観光情報

「森林浴の森百選」に選ばれている「九頭竜国民休養地」を会場に開催される「九頭竜新緑まつり」。
 ブナやミズナラを中心とした森林の若葉を楽しみながら、奥越前の山の幸や旬の味覚が楽しめるほか、ステージイベントなど魅力満載のイベントです。
 山菜のてんぷら、筍ごはん、まいたけご飯など旬の季節を感じる食材でおもてなし。
 季節の食べ物をお楽しみください。

店舗情報

店舗名 大野市 観光情報
住所 912-0081
大野市元町10-23(七間朝市通り)
電話番号 0779-65-5521
FAX番号 0779-65-8635
メールアドレス nfo@ono-kankou.jp
ホームページ http://www.ono-kankou.jp/

このページのトップへ